バイオハザード2とは

備考

バイオハザード2はオリジナル版を元に記載。リメイク版だと多少情報が異なる場合があります。なお、概要ページなため大幅なネタバレを含んでいますのでご注意ください。

バイオハザード2の概要

バイオハザード2は1998年に株式会社カプコンがプレイステーション用ゲームソフトとして開発したサバイバルホラーゲームである。 海外版タイトルは「Resident Evil 2」。バイオハザードシリーズの2作品目にあたり、初代バイオハザードの正統な続編である。リメイク版としてバイオハザード RE:2が2019年1月25日にプレイステーション4で発売された。

国内売上は200万以上を誇り、この売上数は初代プレイステーション用ソフトの中でもトップ10入を果たしている。日本の2大RPGであるドラクエやファイナルファンタジーがランキングを制圧している中でホラーゲームが上位に食い込めたのは驚異的な記録といえるだろう。

バイオハザード2のストーリー

バイオハザード2の舞台はラクーンシティ。しかし、街は既にTウイルスで汚染されておりほとんどの動物や人間はゾンビなどのクリーチャーに変貌している。

そんな過酷な状況とは知らずに、ラクーンシティに配属された新米警官であるレオン・S・ケネディと、前作の主人公であるクリスを探すために街を訪れた女子大生のクレア・レッドフィールドの2人。

この過酷な状況下から無事脱出するのが本編の目的だ。

ちなみにレオン・S・ケネディが初日から遅刻したのはバーで酔いつぶれていたのが原因。もし酔いつぶれて遅刻せずに出勤していたら、彼も生物兵器の犠牲者となっていたかもしれない。

バイオハザード2のシステム

本作の特徴は前作と異なり、ザッピングシステムが採用された点。これは複数の視点(キャラ)で同系列のストーリーをクリアするという点。例えばAというキャラクターが行動していたとき、Bのキャラクターは裏でどのような行動をとっていたのかが分かるようになる。

バイオハザード2のメインキャラクターはレオン(サブがエイダ)とクレア(サブがシェリー)の2名。さらに表シナリオと裏シナリオがあるため、これにより本編を一周クリアして終わるのではなく、計4回のストーリーを楽しめるというものだ。さらにエクストラゲームとしてハンク編と豆腐編がある。

バイオハザード2の難易度

難易度は前作である初代バイオハザードと比較したらかなり易しめにはなっている(それでもアクションが苦手な人は苦労する)。

例えば前作の主人公であるクリスはアイテムが6つしか持てないため非常に使いづらかったと思うが、本作ではキャラによって所持数アイテムが異なるということはない。

初代では寄宿舎から洋館に戻ってきたら、いたるところにハンターが配置されていてトラウマになった人も多いだろうが、本作ではそのような事もなく安心。

また、バイオハザード2は即死イベントも一切ないため、初見さんでも安全にプレイできるといえよう。

バイオハザード2の考察

ちなみに気づいた人もいると思うが、バイオハザード2(オリジナル)は警察署のトイレが全く見当たらない。警察署の人達はどのような手段で用を足していたのだろうか。

コメントを残す

名前・メールアドレス・サイト欄の入力は任意です。なお、メールアドレスが公開されることはありません。